転職をして環境を変えよう! | 親に結婚を反対されて諦める

転職をして環境を変えよう 諦める

この記事は、親に結婚を反対され「諦めよう」と決断せざるを得なかったあなたに向けて書いています。

結婚を諦めたあなたは、今までのことを早く忘れて次に進むことが必要だと思います。

 

とはいっても、結婚しようとまで考えた人をすぐに忘れることはできないですよね。

旅行に行ったり、遊びに行ったりして「忘れる努力」をしているかもしれませんが、そう簡単に忘れられるものではないでしょう。

もしなかなか前に進めないようなら、環境をガラっと変えてみるのも一つの手ではないかと思います。

この記事では、「思い切って職場を変えてみる」ことを提案したいと思います。

 

転職をして環境を変えなければならない理由

結婚しようと考えていた相手が同じ職場だったり、取引先の相手であれば、その職場に居続けることは恐らく無理でしょう。

このことは分かっていただけると思います。

 

しかしそうでなくても、今の職場にいると気持ちを引きずってしまう要素が多々あるのです。

例えば、もし同僚や先輩があなたと結婚を考えていた相手との関係を相談したりしていなかったでしょうか。

あなたは、相手のことを知っている人達がいる職場に居続けられるでしょうか。
実際、彼らはさほど気にしていないかもしれません。

しかしあなたが、無意識のうちに同僚や先輩にどう見られているのか気になってしまうかもしれませんよね。

 

それだけではありません。

例えば会社帰りに相手と待ち合わせをしてデートしていたら、その通勤路を通るだけで思い出が蘇ってくるかもしれません。

あなたが「そんなことは気にならない!」という強い意志の持ち主なら大丈夫だと思いますが、もしそうでないようでしたら、「仕事場を変えて心機一転する」ことをおすすめしたいと思います。

 

転職をして環境を変えて心機一転!

気持ちを引きずらないための「転職」。

可能であれば今までの職場とは違う方向や地区であるのが好ましいでしょう。

「新しい自分」に生まれ変わるために全く違う職種に就くのもいいかもしれません。全く未経験のことに挑戦し集中したり、忙しくすることで忘れられる時間も加速していくことでしょう。

 

でも「焦って就職したくないわ」「じっくり考えたいわ」という気持ちもあるかもしれませんよね。

 

そういう場合には、アルバイトや派遣、期間が決まってるような仕事で働くという選択肢もありますね。

正社員に転職して心機一転

例えば、一ヶ月なら「一ヶ月」と時間(期間)を決めて「転職活動に集中」してみてはいかがでしょうか。

集中を「転職活動」に振り向け、転職できたら新しい会社、新しい仕事に集中を振り向けるようにしてみましょう。

新しい仕事での「希望」を見出すことは、失ったものの代償となることでしょう。

 

アルバイトを始め気分転換

「正社員」として働くのは気乗りしない、そこまで元気が出ないというのであれば、週に数日とか、期間を決めて(例:3ヶ月間)アルバイトをしてみることをおすすめします。

働いている時間は少なくとも仕事に没頭できます。新しいバイト先で友達ができたり、また接客業であれば、お客様に喜ばれたりすることで「楽しい」と感じられる時間ができます。

 

まとめ

まとめ

この記事では、親に結婚を反対され「諦めよう」と決断せざるを得なかったあなたが、もし次になかなか進めないようであれば、思い切って転職してみることをおすすめしました。

今いる職場ではどうしても過去の思い出を引きずってしまいます。

しかし新しい職場では心機一転、リフレッシュできます。

また、あなたが結婚を考えていた人と別れたことや、親に反対されたことなど誰も知る人はいません。

どこかに遊びに出かけたり、旅行に行ったりしても、なかなか傷が癒えないようなら、思い切って職場・仕事を変えてみるといいと思います。

タイトルとURLをコピーしました